リロケーションの概要

リロケーションは、2000年の借地借家法の改正により可能となったサービスです。
そのため、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

リロケーションはもともと、海外で始まったサービスです。
欧米では転勤などに伴う引越しでマイホームを処分して転居するケースが主流なため、その家を処分するための法的な手続き、および引越し業者の手配や転居先での各種手続きの代行や案内などを、一括して行っていました。

日本の場合は、社宅や賃貸で生活している人ならともかく、マイホームを買ってしまった後に転勤が決まると家の扱いが問題となっていました。
企業も住宅ローンを組んだ社員なら簡単に辞めないだろうとわざわざ狙って転勤を命ずることが多く、命じられた社員はせっかく買ったマイホームを手放さない手段として単身赴任などの方法がとられてきました。

そのような状況のなか、借地借家法の改正により期間を定めた家の賃貸がやりやすくなったため、マイホームを不在の期間だけ賃貸して人に貸し、家賃収入を得るという選択肢ができたのです。
単身赴任では住宅ローンと転勤先での家賃とを払う必要があるわけですから、これで家賃をローンに充てることも可能となるのです。

その他、転居に伴うさまざまなサポート、賃貸運営に関するサポートなど、必要なサービスを一括して行うことで、日本型のリロケーションが確立することとなりました。

このサイトでは、リロケーションの概要と背景、始め方について、ご紹介します。